マドロスさぶちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加

草木の住人に輝さんという人がいる。本名〇〇〇〇、御年81歳。今なお矍鑠としてその風貌は何処か南欧のオリーブ畑にでもいそうな雰囲気を持った人である。この人何が凄いかって・・・23歳の時に初めて静岡の街中「すみや」で買ったレコードが北島三郎の「マドロスさぶちゃん」であったとか。以来、自前の衣装、自前の振付で今なお踊り続けているのである。昭和12年が生まれと云うから、ほぼ北島三郎と同い年。片や演歌の大御所であり昭和の歌謡史に燦然と輝く存在にして、その芸歴55年の間に世に放ったヒット曲は数知れず・・・誰もが納得するところであることは言うまでもないが、たった1曲で55年間踊り続けるというのも大変なものに違いない。活動の場は年1回の地元梅ヶ島の初午祭と月2回程度のデイサービスへの慰問が中心だが、お呼びがかかれば何処へでも行くというからその1曲に掛ける輝さんの思いは並々ならぬものなのだろう。凡そ人は踊りが好きだとかまた歌が好きと言えばそこは1曲に留まらず2曲・3曲と当然レパートリーは多くを誇るものながら1曲を以てして十分とするところに僕は山家育ちの根の強さを感じずにはいられないのだ。山家にすんで2年以上になるが、此処では変わらないものはそのまま残り、変わっていくものは加速度を以て変わっていくのが今の現状である。10年もすれば限界集落の現実が迫っている。運命を共にする共同体は無くなり、都市部への人口流失だけが歯止めが利かないのは何も此処梅ヶ島に限ったことではない。大量生産・大量消費に支えられた時代に恩恵を受けた我々もそろそろ年金世代になりつつある。多くを求めず、多くを消費せず、限られたモノの中に多くの価値を見出す知恵こそが今一番求められているのではないだろうか。因みに輝さんの自前の衣装で白のマドロスズボンだけは23歳当時のままとのことである。

狸尚庵  亭主

コメントを残す